2019年11月6日水曜日

11月開催セミナー情報【ネガティブ思考 改善セミナー】

名古屋 栄カウンセリングでは、一般の方へ向けての心理学セミナーを定期的に開催しております。

・お悩みの解決に。
・ビジネスでのスキルアップに。
・心理カウンセリングを検討していて実際にカウンセラーと会ってみたい。

そんな様々なニーズにお応えできるよう、日常に活かせるテーマを、心理学的なアプローチからお伝えする内容となっております。

11月のセミナー情報。
各セミナーへは、お申し込フォームよりご参加を受け付けております。

【ネガティブ思考 改善セミナー
開催日:①11月13日(水)18:30~20:00
      ②11月17日(日)13:00~14:30





                             

【 セミナー内容 】
『ネガティブ思考 改善セミナー』

【 開催日時 】
①11月13日(水)18:30~20:00
②11月17日(日)13:00~14:30
※お申し込みフォームに選択肢がない日程は定員に達したため締め切らせて頂きました。

【 参加費 】
3,000円(税込み)

【 定員 】
4名
※定員に達し次第締め切りとなります。

【 主催者情報 】
名古屋 栄カウンセリング

【 講師 】
垂水 俊輔(臨床心理カウンセラー)

【 対象 】
ネガティブ・マイナス思考を改善したい方、苦手克服を目指している方

【 会場 】
名古屋 栄カウンセリング
愛知県名古屋市 中区栄5丁目5番4号 BELLE PARK FRONTビル2F 202

【 お申し込みの際の注意事項 】
お申し込みフォームからお申し込みを頂いた方には、この講座を主催する
『名古屋 栄カウンセリング』より【セミナーのお申し込みを承りました】というタイトルのメールを
3日以内にご送信させて頂いております。
ご送信させて頂くメールには、セミナー当日についてのご案内の他、会場へのアクセスの詳細も
記載しておりますのでご参照下さい。
万が一、お申し込み後に3日経っても『名古屋 栄カウンセリング』からのメールが届かない場合は、お申し込みフォームの手続きが完了していない可能性がございます。
その場合はお手数ですが、下記アドレスへご確認下さいますようお願い致します。
名古屋 栄カウンセリングへメールする(クリックでお問い合わせ画面に移ります)
少数開催ですので、お申し込みが完了していない場合は当日にお席を確保できかねますので
ご注意くださいませ。



11月開催セミナー情報【人間関係に困らない!話し方講座】

名古屋 栄カウンセリングでは、一般の方へ向けての心理学セミナーを定期的に開催しております。

・お悩みの解決に。
・ビジネスでのスキルアップに。
・心理カウンセリングを検討していて実際にカウンセラーと会ってみたい。

そんな様々なニーズにお応えできるよう、日常に活かせるテーマを、心理学的なアプローチからお伝えする内容となっております。

11月のセミナー情報。
各セミナーへは、お申し込フォームよりご参加を受け付けております。

【人間関係に困らない!話し方講座】
開催日:①11月20日(水)18:30~20:00
      ②11月24日(日)17:00~18:30






【 セミナー内容 】
『人間関係に困らない!話し方講座』

【 開催日時 】
①11月20日(水)18:30~20:00
②11月24日(日)17:00~18:30
※お申し込みフォームに選択肢がない日程は定員に達したため締め切らせて頂きました。

【 参加費 】
3,000円(税込み)

【 定員 】
4名
※定員に達し次第締め切りとなります。

【 主催者情報 】
名古屋 栄カウンセリング

【 講師 】
垂水 俊輔(臨床心理カウンセラー)

【 対象 】
話すことに不安がある方 コミュニケーションを上達させたい方

【 会場 】
名古屋 栄カウンセリング
愛知県名古屋市 中区栄5丁目5番4号 BELLE PARK FRONTビル2F 202

【 お申し込みの際の注意事項 】
お申し込みフォームからお申し込みを頂いた方には、この講座を主催する『名古屋 栄カウンセリング』より【セミナーのお申し込みを承りました】というタイトルのメールを3日以内にご送信させて頂いております。
ご送信させて頂くメールには、セミナー当日についてのご案内の他、会場へのアクセスの詳細も記載しておりますのでご参照下さい。
万が一、お申し込み後に3日経っても『名古屋 栄カウンセリング』からのメールが届かない場合は、お申し込みフォームの手続きが完了していない可能性がございます。
その場合はお手数ですが、下記アドレスへご確認下さいますようお願い致します。
名古屋 栄カウンセリングへメールする(クリックでお問い合わせ画面に移ります)
少数開催ですので、お申し込みが完了していない場合は当日にお席を確保できかねますのでご注意くださいませ。




2019年10月31日木曜日

今年のハロウィン



今日は10月31日。世間のイベントとしてはハロウィンですね。
いつの間にかすっかり定着しましたね。
ただし、日本風のハロウィンという大人のコスプレ祭りの面が強いようですが。
ロンドンなどでは、街は子供が仮装をして、大人はパブなどで楽しむ文化があるようで、国ごと文化ごとの違いが垣間見えるのもまた面白く感じます。

今年は災害による自粛ムードもありアルコールを禁止するなども場所によってはあるそうで、ハロウィンが流行り始めた当初の無法状態に対する新たなルールも年を経るごとに作られてゆくのでしょう。
こうして新しいお祭りイベントが出来上がってゆく過程というのは面白いものです。

こういったお祭りイベント、賛否はあったり問題点もあるのですが、基本的には良いものだと思います。
特に我々日本人は、休息や息抜きが下手だったり、ストレス発散の自己表現が苦手だったりする傾向にあるので、このようなきっかけがあることは大切なのではないでしょうか。

普段できないような格好をして、思いっきり騒いで、普段とは違う自分を表現する。
そうすることで、日常で溜まるストレスがリセットできるのなら、本来の趣旨とは違っても"日本式"のハロウィンとして意味のあるイベントとなってゆくのだと思います。

ただし、自己表現が不慣れということは、節度や『ここまではセーフ』のラインにも不慣れということですので、
多少の時間と失敗と試行錯誤を重ねて、誰もが楽しめる誰にも迷惑のかからないイベントに昇華してゆく工夫はまだまだ必要なのでしょうけどね。

今日は10月31日ということはもう明日からは11月。
本格的に冬となり、年末が近づいてきます。
ここからは、クリスマス、お正月。そして年が明けてからは成人式にバレンタインにホワイトデーと、イベントが続きます。

楽しみつつ節度を保ち、子どもも大人も皆が楽しめるイベントが楽しみですね。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

2019年10月30日水曜日

いじめ問題について

相談援助の仕事をしていると、いじめという問題を扱う機会は少なくありません。
現在進行形での児童のケースもあれば、成人した相談者さんでも過去のいじめ経験がテーマとして挙がることもあります。

ですので、いじめについてはその実態や心の傷の癒し方など、いわゆる心理面へのアプローチには備えてきていたのですが、最近増えたお仕事の関係で、『いじめ防止・対策』についての公的な知識が必要となり、改めて勉強をしています。

そこで、学校など教育機関に対して関連行政が出している基本指針や要綱に目を通していたのですが、公的に期待されている対応がどのようなものか、を知るにつれ現実とのギャップを感じます。
つまり、
本来行うべきことが行われていない。
いじめの防止・対策に有用とされる対応がとられていない。
ということです。

勿論、全ての学校を始め教育機関がそうというわけではありません。
実際これまでも私が関わらせて頂いた学校には、適切な対応に則って動いていたところもありました。
ですが、昨今の報道などで明るみに出る事例も考えると、やはり理想と現実の剥離の大きさを感じざるを得ません。

最近では特に、教員間でのいじめも問題となりました。
(いじめではなく暴行事件として取り扱われる可能性も高まっているようですが)
本来児童たちの模範として、いじめについての正しい指導をするべき存在の教員自らが行っていたというのは、あってはならないことです。
しかも、加害教員の中には、教育指導や生活指導を担当する教員もいたにも関わらず、
「いじめの意識はなかった」「悪気はなかった」「面白かったから」
などと話しているそうで、いじめの加害者の言葉そのままです。
そのような意識を指導することが役割であったはずなのに。

他にも、いじめの事実隠匿なども後を絶たないことも、いじめ対策のガイドラインが現場へ反映されていない例でしょう。
とはいえ、現場では対策・防止マニュアル通りに進められない事情があることも、社会の難しさを知る者としては察せなくはありません。
複雑な問題が混在し、なかなか思うように理想的な対応ができない現実もあるのでしょう。

ですが、だからと言ってこのままでよいわけではありません。
いじめという経験が当事者である児童にとってどれほど辛いものであるか。
そして過去のこととなっても苦しみ続ける声を、カウンセリングの現場で幾度も目にするにつれ、どれほど人生に深い影を落とすものであるのか知る立場である私としては、対処療法ではなく根絶に協力する必要があることを感じます。

学校という閉鎖された空間はとても複雑です。
だからこそ、外部の人間として、第三者だからできることがあると思っています。
いじめ問題は、被害者・加害者共に心のケアが必要となります。
心理の専門家として、起きてしまったことに対する心のケアは勿論ですが、起きてしまうことを未然に防ぐ為の努力も惜しまず注がれてゆくことが必要です。

何ができるのか、何が求められていて、何が必要なのか。
しっかり吟味し、工夫し、実行に移して、客観的に振り返る。
多職種がそれぞれ協力し合い、本気で取り組んでゆかなければいけない大切な課題です。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈


2019年10月12日土曜日

台風による影響


今年の9月に関東地方に大きな被害を及ぼした台風15号による家屋の補修も最中だというのに、またしても猛烈な強さの台風19号が近づいています。

今回は東海地方にも影響があるそうなので、12日の予約は全て延期とさせていただきました。
幸い皆様にご理解いただき、別の日程への変更も無事に進んでおります。
ご利用者の皆さま、ご協力頂き有難うございます。

事業者としましてはご利用者様の安全配慮は義務であり責任です。
利用者さまの中には、予約日時の変更に不安を感じる方もおられるのは心苦しいですが、まずは安全確保が優先と判断させていただきました。

関東や東海では、被災を想定した買占めも起きているようですし、鉄道はじめ交通機関も運休を告知しているようで、仕事都合の方たちによる混乱はもう今日から始まっているようですね。
変更が難しい仕事の都合はやむを得ない場合もあるのでしょう。ですがどうか安全を第一に移動似はお気を付け下さい。

しかし、こういった自然災害に対してはいつも無力感を覚えてしまいます。
大きな力の前では、どこまで対策をしても我々の想像を超えることは少なくありません。
それは自然災害だけでなく『時間の流れ』『老い』『世界の動き』『現象の理』など我々に抗えないものはたくさんあります。
それらに対して『恐怖』『不安』を感じるのは自然な事なのでしょう。

精神疾患の中には『恐怖』『不安』を中核としたものがあります。
『不安障害』『恐怖症』などと診断されます。
それらの定義には以下のような項目があります。
自分でも過度で非合理的だと理解していながらも不安や恐怖によって行動が阻害される。
(わかりやすいようにやや意訳してあります)

つまり、
「そこまで怖がるものではないし、現実になることはないと頭では分かっているのに怖さが頭から離れない」
といった感じでしょうか。

ですが『恐怖』『不安』は生物が生きるうえで必要な感情です。
怖いから危ないものから逃げる。
不安だから実現しないように避ける。

実際、過度な不安を抱える方に心理療法を施す際に、
「怖いという認知」を軽減するために「怖くないという認知」を強化する、という方法があります。
とはいえ、完全に怖さを消してしまうことは不可能ですし、正しことだとも思えません。
生きている限り、リスクがなくなることはないのですから。
『怖がる』ことは『危機回避』や『安全確保』に繋がる大切な機能でもあるわけです。

なので、目指すべきものは『適切に怖がる』事なのではないでしょうか。
恐怖を無くしてしまうのではなく、過度にならない程度に、日々の生活に不具合が起きない程度に恐怖を動機づけとする。
恐怖と折り合いをつけるという事が、一つの答えなのではないかと思います。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

2019年9月30日月曜日

ストレスの尺度



10月の話題といえば、消費税増税ですね。
今日(9/30)のニュースでも増税前の駆け込み需要の話題ばかりでした。
今回の増税では、軽減税率制度も導入されこれまでとは少し違う様子も見られます。

ちなみに当ルームの料金設定は、10月の増税後も変更ありません。
今後変更の可能性はありますが、当面は料金変動なしですのでご安心して引き続きご利用くださいませ。

さて、今回の消費税増税について心理学的な側面から少し考察をしてみようと思います。
実際2%というのは家計に対する影響というのも少なからずあるのでしょうが、
駆け込み需要という行動から見ても、気持ちへの影響も大きいでしょう。

そして今後、この税率に慣れるまでは日々の買い物の中でこの2%に対してのストレスを感じる場面もあるのではないでしょうか。
つい、買い物のレシートを見て、
「ああ、8%だったら〇〇円だったのに、高いな」
こんな風に、それほど大きくはなくても小さなストレスを感じてしまうかもしれません。

この『小さなストレス』というのがポイントです。
心理的ストレスを測定する研究を通して『社会的再適応評価尺度』というものがあります。
わかりやすく言うと、人生に起きる出来事(ライフイベント)として、配偶者の死や離婚、別居などを挙げて、ストレスの強度を評定したものです。

確かに、配偶者の死など人生で起きる出来事の中でそのストレスはとても大きいものでしょう。
しかし、この研究に対し、評価しつつも別角度の意見を唱えた説もあります。
それは、大きなライフイベントよりも、日常的な小さな苛立ちなどの積み重ねの方がよりストレスとなりやすい。
というものです。

小さな苛立ちは自分でも気づかないうちに心身の健康状態に影響を与えやすい、ということだと思っていただければいいかと思います。
すると、消費税増税に対するストレスはまさにこれではないでしょうか。
大ショックというほどではないが、チクチクと小さなストレスに繰り返し晒される。

明日から始まる新税率。
慣れるまでは2%に違和感を感じるかもしれません。
小さな苛立ちを溜めてしまわないようにうまく適応してゆきたいものです。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

2019年9月29日日曜日

気持が逸る


さて、気が付けば今年ももう9月が終わろうとしています。
一年の4分の1が過ぎてしまったということ。
本当に月日が経つのは早いと感じます。

これは、年齢を重ねるにつれて特にそう感じるように思えます。
その理由はこれまでのこのブログでも度々語っていますが、大きな理由は二つ。

一つは、人生の長さと時間間隔の相対的な反比例。
もう一つは、経験や体験が増えたことによる新鮮さの減少。
(詳しく聞きたい人は私のセミナーなどに参加してね 笑)

とはいえ、理由が分かったところで納得できても解決はできないわけで。
これは悩む時によくある落とし穴ですね。
悩みの原因を解明することを目的とするが、解決と繋がらないことも多いという。

では解決法を考えてみようとしてみたがどうもいい方法が思いつかない。
そもそも月日が過ぎるのが早いことで何が困るのでしょうね。
なんとなく、
「あー大変だ、忙しい忙しい」
なんて気持ちが焦ってしまいますが、
結局のところ、限られた時間でできることをするしかないわけで。
敢えて解決法と言うなら、
やるべきことを整理したり、その優先度を整理したりすることくらいではないでしょうか。

つまり、実はそこは問題ではなく、
焦ってしまう気持ち
それ自体が問題なことって多いと思うのですよね。

必要以上に気持ちが焦ってしまい、今やるべきことに気持ちが集中できなかったり、
何をすればいいのかと混乱してしまったり、出来ていないことばかりに目が向いてしまい自分を責めてしまったり。

『どのように』という方法論、Howに解決を求めがちですが、
『何を』という目的、Whatを整理することが解決や達成にはまず必要だったりします。
HowはWhatが明確になってから考えると、案外シンプルなものだったりすることも少なくありません。

ということで、今何かに焦っている方、目標達成に苦労している方は、
一度足を止めて整理してみてください。
もしかしたら遠回りをしている事や、目的を見失って逆走してしまっていることに気付くかもしれません。
『気持が逸る』の逸の字は『はぐれる』とも読みますしね。
焦るあまり、はぐれてしまった気持ちを見つけてあげることも有効です。

とはいえその作業自体がセルフで行うことが難しいと思ったならいつでもご相談ください。
正しく目的を設定して正しく努力したなら、叶う目標はたくさんあるはずです。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈