2019年10月12日土曜日

台風による影響


今年の9月に関東地方に大きな被害を及ぼした台風15号による家屋の補修も最中だというのに、またしても猛烈な強さの台風19号が近づいています。

今回は東海地方にも影響があるそうなので、12日の予約は全て延期とさせていただきました。
幸い皆様にご理解いただき、別の日程への変更も無事に進んでおります。
ご利用者の皆さま、ご協力頂き有難うございます。

事業者としましてはご利用者様の安全配慮は義務であり責任です。
利用者さまの中には、予約日時の変更に不安を感じる方もおられるのは心苦しいですが、まずは安全確保が優先と判断させていただきました。

関東や東海では、被災を想定した買占めも起きているようですし、鉄道はじめ交通機関も運休を告知しているようで、仕事都合の方たちによる混乱はもう今日から始まっているようですね。
変更が難しい仕事の都合はやむを得ない場合もあるのでしょう。ですがどうか安全を第一に移動似はお気を付け下さい。

しかし、こういった自然災害に対してはいつも無力感を覚えてしまいます。
大きな力の前では、どこまで対策をしても我々の想像を超えることは少なくありません。
それは自然災害だけでなく『時間の流れ』『老い』『世界の動き』『現象の理』など我々に抗えないものはたくさんあります。
それらに対して『恐怖』『不安』を感じるのは自然な事なのでしょう。

精神疾患の中には『恐怖』『不安』を中核としたものがあります。
『不安障害』『恐怖症』などと診断されます。
それらの定義には以下のような項目があります。
自分でも過度で非合理的だと理解していながらも不安や恐怖によって行動が阻害される。
(わかりやすいようにやや意訳してあります)

つまり、
「そこまで怖がるものではないし、現実になることはないと頭では分かっているのに怖さが頭から離れない」
といった感じでしょうか。

ですが『恐怖』『不安』は生物が生きるうえで必要な感情です。
怖いから危ないものから逃げる。
不安だから実現しないように避ける。

実際、過度な不安を抱える方に心理療法を施す際に、
「怖いという認知」を軽減するために「怖くないという認知」を強化する、という方法があります。
とはいえ、完全に怖さを消してしまうことは不可能ですし、正しことだとも思えません。
生きている限り、リスクがなくなることはないのですから。
『怖がる』ことは『危機回避』や『安全確保』に繋がる大切な機能でもあるわけです。

なので、目指すべきものは『適切に怖がる』事なのではないでしょうか。
恐怖を無くしてしまうのではなく、過度にならない程度に、日々の生活に不具合が起きない程度に恐怖を動機づけとする。
恐怖と折り合いをつけるという事が、一つの答えなのではないかと思います。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

2019年9月30日月曜日

ストレスの尺度



10月の話題といえば、消費税増税ですね。
今日(9/30)のニュースでも増税前の駆け込み需要の話題ばかりでした。
今回の増税では、軽減税率制度も導入されこれまでとは少し違う様子も見られます。

ちなみに当ルームの料金設定は、10月の増税後も変更ありません。
今後変更の可能性はありますが、当面は料金変動なしですのでご安心して引き続きご利用くださいませ。

さて、今回の消費税増税について心理学的な側面から少し考察をしてみようと思います。
実際2%というのは家計に対する影響というのも少なからずあるのでしょうが、
駆け込み需要という行動から見ても、気持ちへの影響も大きいでしょう。

そして今後、この税率に慣れるまでは日々の買い物の中でこの2%に対してのストレスを感じる場面もあるのではないでしょうか。
つい、買い物のレシートを見て、
「ああ、8%だったら〇〇円だったのに、高いな」
こんな風に、それほど大きくはなくても小さなストレスを感じてしまうかもしれません。

この『小さなストレス』というのがポイントです。
心理的ストレスを測定する研究を通して『社会的再適応評価尺度』というものがあります。
わかりやすく言うと、人生に起きる出来事(ライフイベント)として、配偶者の死や離婚、別居などを挙げて、ストレスの強度を評定したものです。

確かに、配偶者の死など人生で起きる出来事の中でそのストレスはとても大きいものでしょう。
しかし、この研究に対し、評価しつつも別角度の意見を唱えた説もあります。
それは、大きなライフイベントよりも、日常的な小さな苛立ちなどの積み重ねの方がよりストレスとなりやすい。
というものです。

小さな苛立ちは自分でも気づかないうちに心身の健康状態に影響を与えやすい、ということだと思っていただければいいかと思います。
すると、消費税増税に対するストレスはまさにこれではないでしょうか。
大ショックというほどではないが、チクチクと小さなストレスに繰り返し晒される。

明日から始まる新税率。
慣れるまでは2%に違和感を感じるかもしれません。
小さな苛立ちを溜めてしまわないようにうまく適応してゆきたいものです。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

2019年9月29日日曜日

気持が逸る


さて、気が付けば今年ももう9月が終わろうとしています。
一年の4分の1が過ぎてしまったということ。
本当に月日が経つのは早いと感じます。

これは、年齢を重ねるにつれて特にそう感じるように思えます。
その理由はこれまでのこのブログでも度々語っていますが、大きな理由は二つ。

一つは、人生の長さと時間間隔の相対的な反比例。
もう一つは、経験や体験が増えたことによる新鮮さの減少。
(詳しく聞きたい人は私のセミナーなどに参加してね 笑)

とはいえ、理由が分かったところで納得できても解決はできないわけで。
これは悩む時によくある落とし穴ですね。
悩みの原因を解明することを目的とするが、解決と繋がらないことも多いという。

では解決法を考えてみようとしてみたがどうもいい方法が思いつかない。
そもそも月日が過ぎるのが早いことで何が困るのでしょうね。
なんとなく、
「あー大変だ、忙しい忙しい」
なんて気持ちが焦ってしまいますが、
結局のところ、限られた時間でできることをするしかないわけで。
敢えて解決法と言うなら、
やるべきことを整理したり、その優先度を整理したりすることくらいではないでしょうか。

つまり、実はそこは問題ではなく、
焦ってしまう気持ち
それ自体が問題なことって多いと思うのですよね。

必要以上に気持ちが焦ってしまい、今やるべきことに気持ちが集中できなかったり、
何をすればいいのかと混乱してしまったり、出来ていないことばかりに目が向いてしまい自分を責めてしまったり。

『どのように』という方法論、Howに解決を求めがちですが、
『何を』という目的、Whatを整理することが解決や達成にはまず必要だったりします。
HowはWhatが明確になってから考えると、案外シンプルなものだったりすることも少なくありません。

ということで、今何かに焦っている方、目標達成に苦労している方は、
一度足を止めて整理してみてください。
もしかしたら遠回りをしている事や、目的を見失って逆走してしまっていることに気付くかもしれません。
『気持が逸る』の逸の字は『はぐれる』とも読みますしね。
焦るあまり、はぐれてしまった気持ちを見つけてあげることも有効です。

とはいえその作業自体がセルフで行うことが難しいと思ったならいつでもご相談ください。
正しく目的を設定して正しく努力したなら、叶う目標はたくさんあるはずです。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈


2019年8月16日金曜日

天気も人の気持もうつろいやすい


大型の台風10号が日本を縦断しています。
今の時点では大規模な被害は出ていないようですが、
(私が知らないだけだったらすみません)
きっと個人では住宅浸水や交通の影響などでの被害はあるのでしょうね。
早く過ぎてくれることを願います。

さて、台風など天気には『天気模様』があり、心の状態の引き合いに使われることがあります。
『気分が曇る』『気持ちが荒れる』『心が冷える』など。
『女心と秋の空』なんてそのまま似たものとして慣用句とされています。

空模様に比喩されるほど、人の心もそれだけ移り変わりやすいし、ままならない、アンコントローラブルなものだという印象が象徴化させてもいるのでしょう。

大雨を降らすように泣きたくなるほど悲しい時もあります。
気持ちが嵐のように荒れてしまうことも、
光が差さずどんよりと曇ってしまうこともある。
猛暑・酷暑のように焼かれる心の辛さは体調不良への影響もにもなります。

本当に天気と心は似ている。

ですが、雨が降っても傘をさせば雨はしのげます。
台風のような天気でも、家の補強をしていれば通り過ぎるまでやり過ごせる。
雷が鳴って怖くても、理屈を知っていれば被害を避ける確率も高まります。

確かにままならず思い通りにはならないが、対処法はあるということ。
そしてそれは心模様にも言えるのではないでしょうか。
落ち込んだ時の励まし言葉で、『やまない雨はない』というのがありますが、それも一つの捉え方でしょう。

傘のさし方、台風をやり過ごすための家の補強の方法、猛暑の時の熱中症対策、時には雨の楽しみ方だって考えようによっては、天気に対する我々の向き合い方です。

同じように、快晴ではない心への対処法だってきっと探せますし、我々は乗り越えることが出来るのでしょう。

垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈


2019年7月27日土曜日

台風接近の影響か? 腰が痛い



本日7月27日は、東海地方に台風6号が近づいており、15時の栄周辺も結構な雨模様です。
カウンセリングの予約も、昼以降は天候のため延期となりました。
それ自体は残念なことなのですが、おかげでこうしてブログの更新の時間が作れたりもします。

そんな久しぶりの更新なのにちょっとネガティブな話題で申し訳ありません。
とても腰が痛い!
私は昨年にヘルニアをやってしまったのですが、もしかしたら再発? というような不安をもたらす痛みが……。

今朝から違和感があったので要因を考えてみたところ、ヘルニアを発症した去年も台風の時期だったということを思い出す。
調べてみたところ、やはり気圧や雨などは腰痛に影響をもたらすというデータがあるそうです。
気温低下や気圧の変化は末梢血管の収縮が起きやすく、血流不良となり腰痛や頭痛を引き起こしやすいのだとのこと。

実際のところ腰痛の原因というのは諸説あり、はっきりとわからないものも多いらしいいそうです。
ストレスなども腰痛の要因としてはよく挙げられますね。

幸い私は仕事柄、自身のストレスは自覚的に処理することは比較的できているのですが、身体疲労などのストレスはなかなか思うようにもいかず、こういった天候などの要因と重なると再発してしまうようです。

折角午後が休みになったので病院にと思いましたが、今日は土曜日。主治医の居る整形外科は休診です。
月曜日まで待つしかなさそうです。

明日も予約が入っていますが、負担をかけないよう気をつけて乗り切りたいと思います。
そんな近況報告でした。

皆さんも天候も体調も気を付けてお過ごしくださいませ……。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

2019年6月19日水曜日

企業でのメンタルヘルス対策


社会の中で『心の健康』に関心が高まる近年、会社・企業でも様々な取り組みがなされています。
我々にとって身近なものとして、平成26年の労働安全衛生法の改正により、50人以上を要する事業所への『ストレスチェック』が義務化されています。

私自身も従業員数50名以下の事業所に対してのストレスチェックやメンタルサポートなども行なわせていただいています。
心の健康やメンタル不調の未然防止策としての取り組みは大いに喜ばしい事なのですが、まだ新しい取り組みである事もあり、解決してゆくべき問題もあります。

その中の一つとして、ストレスチェック実施で高ストレス状態と判断された場合は、希望により心理面接を受ける事が望まれるのですが、実際は半数以上が面接を希望せず、行われていないという現状があります。

しかもその理由として、
会社に知られてしまうことを避けたり、メンタル不調者として扱われることを避けるという目的で面談を拒むというケースが多いそうです。

この事実は、制度の意義が大きく失われてしまいかねない由々しき問題であると思います。
実際、私のルームに来談される方の中にも、会社でのストレスチェックを受け、高ストレスと判断されたが、会社が用意する心理面談は拒んだ、という話はよく聞きますし、
私が外部相談先として提携している企業さんでも、社内にも相談対応設備や専門のスタッフがいるにもかかわらず、外部支援である当ルームを相談先として選んでくれている社員さんが多いのは事実です。
それらの事実からも、やはり社内の人間に相談をするというのは心理的な抵抗が強いようです。

これからも社会の中でのメンタル不調は大きな問題となっていくでしょう。
だからこそ、より面談や相談を受けやすい環境を作る。それは会社の取り組みという構造的なものだけでなく、実際に社内に居る人たちの価値観を変えていくことも必要となってくると思われます。

相談しやすい社会。メンタルケアを行うことに抵抗の少ない社会、その実現のために、一人一人が意識を持って行かなくてはならないのでしょう。
メンタル不調は、当事者が悪い訳でも弱い訳でもなく、
『環境』『タイミング』『心身の不調』『金銭問題』『家族問題』『職場内コミュニケーション』『業務内容』
それらが密接に関与し合い起きるものです。

まずは自分を責めず、心理的サポートという選択肢を持つ事を意識してください。
協力者と共に社会的、ひいては人生の充実の実現はきっと可能です。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

2019年5月30日木曜日

6月開催 一般の方向けセミナーのお知らせ

名古屋 栄カウンセリングでは、一般の方へ向けての心理学セミナーを定期的に開催しております。

・お悩みの解決に。
・ビジネスでのスキルアップに。
・心理カウンセリングを検討していて実際にカウンセラーと会ってみたい。

そんな様々なニーズにお応えできるよう、日常に活かせるテーマを、心理学的なアプローチからお伝えする内容となっております。

6月1日~6月18日のセミナー情報。
各セミナーへは、お申し込フォームよりご参加を受け付けております。

【人間関係に困らない!話し方講座】
開催日:①6月1日(土)13:00~14:30
    ②6月11日(火)13:00~14:00

料金:3,000円(税込)
会場:名古屋 栄カウンセリング
  (会場アクセス)
内容:
「自分の言いたいことが伝わらない」
「相手の発言にどう反応すればいいかわからない」
「自分が話をすると場がシラケてしまう」
「雑談が苦手」
「何を話せばいいかわからない」

話し方に関するお悩みはたくさんあります。
プライベートでも仕事でも、上手に話ができる人は人間関係も上手に作れるものです。

上手な話し方にはいくつかのポイントがあります。
そのポイントを解説し、上達のためのヒントを知ることができます。
知識だけでなく、練習方法のご相談にもお応えします。


当講座では、現役の心理カウンセラーでもある講師が相談対応の場で
「役に立った」「自分の話下手の理由が分かった」
そんなお声を頂いたテクニックを簡潔にお伝えします。


ポイント①【 聞き方 】
『話し上手は聞き上手』とも言われるほどに聞く力はコミュニケーションでは重要です。
話を聞くことは誰もが出来ているつもりでも、それは『ただ聞いている』『内容を理解している』だけかもしれません。

話し上手につながる聞き方にはいくつかのコツがあり、その一つが『相手に気持ちよく話をしてもらえる聞き方』です。
接客業やコミュニケーションが得意な人は知っている、そんな心理テクニックをお教えします。

ポイント②【 伝え方 】
自分の考えや気持ちを伝えることが苦手……という方は少なくないのではないでしょうか。
そんな人はもしかしたら、自分のことを「話すことが下手だ」と諦めてしまってはいませんか?
ですがそれは、『話すこと』に問題があるのではなく『伝え方』に問題があるのかもしれません。
伝え方を少し変えてみるだけで、とてもスムーズに会話ができ、意思の疎通ができるようになることもあります。

相手に理解されやすく、自分の言いたいことが伝わるテクニックのヒントを知ることで、あなたの伝え方は変わり、これまで以上に上手なコミュニケーションになります。

お申込フォーム



【ネガティブ思考改善セミナー】
開催日:①6月18日(火)19:00~20:30
    
料金:3,000円(税込)
会場:名古屋 栄カウンセリング
  (会場アクセス)
内容:
「不安や緊張が強く日常でも不便を感じている」
「マイナス思考のせいで前向きに生きられない」
「苦手な場面があり困っている」
「悪い結果ばかり想像してしまって行動できない」
「もっと楽に考えられるようになりたい」

私たちの人生に、問題や悩みなどの生き辛さを生み出している原因の一つに『ネガティブ思考』『マイナス思考』があります。
良くないと頭ではわかっていてもついやめられないもの。
そもそも、ネガティブ思考に偏っていることすら気づけず、負のスパイラルに陥りがちです。
ポジティブに捉えられるようになれば、出来事の見え方が変わり、人生を豊かにすることができます。

様々な分野で効果が示されている、認知行動療法を応用したセルフトレーニングのためのセミナーです。
認知行動療法の治療手順を簡略化したシートを使って、苦手な場面や過度な不安を克服するための考え方を変容するためのプロセスを一緒に進めてゆきます。


STEP①【不安や恐怖の原因を整理して思考の癖に気付く】
ネガティブ思考の多くは、自分でも理由が明確でない『不安』『恐怖』が思考を歪ませてしまう事にあります。
まずは、自分を苦しめているものの正体は何か、そしてどのような考え方の癖がネガティブに繋がっているのかを丁寧に整理してゆきます。

STEP②【偏った思考を柔軟にする】
正体不明の『不安』『恐怖』が明確になれば、冷静に判断することができます。具体的なネガティブ思考を自分で打ち消せるように、発想を柔軟に広げて様々な可能性を探してゆきます。

STEP③【ネガティブに負けない対策を立てる】
どうしても打ち消せないネガティブな思考に対しては、その対策を考えることで『不安』『恐怖』を軽減することができます。
未来に向けた対策を講じることで「きっと大丈夫だ」と思う事ができる『安心』は、自然とネガティブ思考を改善してゆくことでしょう。


上記の内容を中心に、複雑な認知行動療法の治療手順をわかりやすくお伝えしつつ、行き詰った時にはお手伝いもさせて頂きますので、心理学を学んだことがない方でも問題なく取り組む事ができます。
セルフトレーニングセミナーですので、今後は自分でネガティブ思考を改善できるようになるための方法を学んでいただく内容になっています。

お申込フォーム