2018年5月19日土曜日

身体がしんどいと心もしんどくなる


先週あたりから名古屋でも続々と30度を超える日が記録されています。
5月とは思えない真夏日。
しかも梅雨も間近ということで湿度も高くなんともキビしい気候です。
ことあるごとに言っていますが、こういった気候の変わり目の体調管理には気を付けてくださいね。

実際、当ルームに現在通っていただいている相談者の方たちで、うつ等の精神疾患の方たち中にも、この気候で調子を崩されている方は少なくありません。
うつなどの精神疾患は『心の病気』だけだと思われがちですが、体調によっても状態に影響はあります。

『心の不調』が『身体の不調』に繋がる、というのはわかりやすいかもしれません。
心配事や悩みがある時は、頭痛や胃痛など身体症状に出ることは想像しやすいでしょう。

ですが同時に

『身体の不調』が『心の不調』にも繋がります。
これも、考えてみれば当然のことなのですよね。
身体の不調によって、免疫が下がったり、自律神経が乱れたりします。
それらは、ホルモンバランスの不調となり、結果的に心の不調にも影響します。

心も身体も、どちらもバランスが取れていることが大切なんですよね。
心と体はそれほど繋がっているものです。
心身一如なんて言いますね。

うつの改善には、規則正しい生活リズムや食生活、適度な運動などが有効とされますが、
結局のところ健康な身体を保つというのが実は一番大事だったりします。

とはいえ、そんな健康管理が難しい状態こそがうつの症状だったりするので、そう簡単ではないのですが。
投薬治療で症状を軽減し、そのうえでカウンセリングなどの併用が有効とされるのはそういった理由でもあります。

「心が疲れてしまっているな」
そう感じた時には、身体も疲れてしまっているのかもしれません。

そんなわけで、心の健康の為にも身体の健康を心がけたいものです。

垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

0 件のコメント:

コメントを投稿