2018年8月30日木曜日

時間泥棒に遭わず人生を有意義に過ごす秘訣


あと二日で9月です。
今年ももう3分の2が過ぎてしまったというわけですね。

本当に一年が早いです。
こういうこと言うと、おじさんっぽいと言われてしまいますが、そう感じるのだから仕方ない。
ついこないだ正月だった気がするのに。
そして去年も同じこと言っていた気がします。

歳をとるごとに一日が、一年が早く感じるというのは、私なりに納得できそうな理屈はあります。
(以前にもブログで書いた気がするし、セミナーや研修でも雑談でよく話しているので手短に)

①長く生きるに比例して相対的に時間を短く感じる。
だってそうでしょう。
10歳の子供の1年は人生の10分の1なのに対して、
50歳の大人にとって1年は人生の50分の1ですから。
なので年を経るごとに時間間隔が短くなるのは当然なのでは。

②初体験が減る。
やはり人生の中で初めての体験というものは印象深いものです。
子供時代は色々なことが初体験です。
しかし成長するに従い、経験済みばかりになってゆきます。
ただ、本当は『似た出来事』なだけで毎日が初体験の連続なのですが、我々は似た経験を同じものとして処理してしまうという性質があります。
印象に残らない日々は思い出も少なく必然的に中身のない日々と感じるのかもしれません。

そんな二つの理由から、大人になると一年が(一日が)早い。
という不思議な感覚が説明できます。

あくまで私の考えた理論ですし、科学的な根拠はないのでドヤ顔で雑学披露に使わないでくださいね。

さて、そんな理由が大人になると感じる一年の速さの原因であるなら、
相対的な時間経過感覚のスピードは仕方ないとしても、
一日の中で新鮮な気持ちを持って生きていれば、いつも初体験を感じられ、毎日が印象深い充実した日々となるのではないでしょうか。

「まぁ、綺麗な野花」
「真っ赤な夕日が綺麗だなぁ」
なんてちょっとした感動を意識して探せば、無味簡素な一日に色がつくかもしれませんね。
どうせなら、嫌な印象よりも良い気分になれる印象の方が精神衛生上もいいでしょうし。
『よかった探し』をすることは人生を有意義に生きる秘訣かもしれません。

垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

0 件のコメント:

コメントを投稿