2019年12月1日日曜日

いのちをだいじに



もう12月。今年も残すところひと月となりました。
2019年全体に言えることではありますが、10月・11月は大きな台風もあり、天候の乱れによる災害が各地で起こりました。
最近は報道も少なくなってきましたが、復興は進んでいるのでしょうか。
季節も本格的に寒くなり、家屋に被害のあった方たちなどは苦労をされていることと思います。
一刻も早い復興を祈ります。

さて、災害直後だとセンシティブな話題にもなりかねないので、少し間をおいて今頃テーマとします。

ここ数年の災害報道で、これまであまり耳慣れなかったフレーズをアナウンサーから聞くことが増えたように感じます。
『命を一番に考えた行動をとってください』
2011年の震災以後でしょうか。よく使用されている気がします。

これ、とても良いフレーズだと思うのですよ。
災害や震災の際に守らねばならないものはたくさんあると思います。
例えば家屋や財産などが代表でしょうか。
ですが、何よりもまず一番に優先すべきことは、はやはり『命を守る』ことです。

そしてこれは、災害時だけに関わらず日常生活でも言えることでしょう。
人生の中で我々は色々な危機に晒される可能性があります。
例えば、仕事での大きなストレス。
学校や職場でのいじめ問題。
人間関係や恋愛問題。
その他諸々、挙げれば危機に限りはありません。

そんな時には、それら問題に対しての解決策を考えたり、対策を講じたり、大切なものを守るための努力をします。
ですが、その時の努力の方向性や目的として、何よりも自分の命を最優先にするというのは大切な価値観です。

問題の解決に向けて努力することや、成功の結果を出すこと、人の役に立つ為の行動というのは、勿論大事なものであり尊いものではあります。
ですが、やはりどんな時も、生き物としての命を守ることを最優先に考えるという価値観は必要なのだと思います。

とても単純な例です。
職場での人間関係に悩んでいるとします。
その解決には様々な要因や思惑の因果関係が絡まります。
苦手な上司に嫌われて出世の妨げになるかもしれない。
でも人間的にどうしても受け入れられない。
辞めたいが再就職先が見つからないかも。
就職を喜んでくれた親を悲しませたくない。
生活費のあてもなく、人生に躓いてしまう。
そもそも原因は自分にあるのだからもっと努力するべきだ。
そんな自分のせいで誰かに迷惑をかけてしまうのが嫌だ。

こんな風に複雑に考えてしまうと、八方塞がりで解決の糸口が見えなくなってしまいかねません。
最悪の場合、悩み疲れて自らの命を絶つという決断をするケースもあります。
ですがそれは、本来の目的であった解決とイコールであるとはどうしても思えません。
複雑に考えてしまい過ぎた故の結果なのではないでしょうか。

もし今何か問題や困り事を抱えているのであれば。
そして解決に悩んでいるのであれば。
少し考えをシンプルにしてみてください。
『自分の為にどうすることが一番楽なのか』
『どうすれば自分の命を守れるのか』

それで解決するほど単純な問題ではないでしょう。
ですが、まずはそこからスタートしてみるのです。
そんな風に考えると、意外と答えは見つかりやすいのかもしれません。

垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

0 件のコメント:

コメントを投稿