2018年10月18日木曜日

『おまえも死ぬぞ』インパクト大のお寺の掲示板


最近SNSで紹介されたきっかけで話題になったそうです。
岐阜県郡上市にある真宗大谷派・願蓮寺のご住職が境内の掲示板に毎月掲げているお言葉。
「おまえも死ぬぞ 釈尊」
確かにインパクトのある言葉でハッとしてしまいますね。

ですが言葉の意味としては、
生きることだけが人生と思いがちだが、死ぬことだってまた人生。だからこそ今を大切に生きなさい。
といった感じでしょうか。
お釈迦様のありがたい金言ですね。

SNSきっかけで話題になったこのお寺ですが、実は掲示板に格言を掲げているお寺は多くあります。
私も子供の頃に通学路や近所のお寺の前を通る時に、この格言を見るのが楽しみでした。

そもそも仏教というのはその名の通り『仏』の『教え』ですから、ためになる言葉がたくさんあります。
法事の時などは、読経の後のお坊さんのお説教・お説法が楽しみでもありました。

説教や格言というのは、時に千の慰め言葉よりも心に響くことがあります。
落ち込んでいる時や人生に迷っている時に、掛けられた一言がその後の人生の指針となることだってあります。

心理カウンセリングでも、そのような『言葉』を求められることもあります。
勿論求められればお応えはしますが、難しいんですよね。
しっくりくる言葉、感銘を受けた言葉というのは、人から与えらて感じるものではなく、
自分の中にある『言葉にならないもの』を上手く表現してくれるものなのだと思います。

ですから、私はカウンセリングの中でまずはその人の話をしっくり聞きます。
そして、気持ちが通い合った時に初めて、心に響く言葉がお伝えできるのです。

言葉は生きものです。
鮮度があり、タイミングや人も選びます。
そんな言葉を通い合わせられたら、きっとカウンセリングは上質なものとなるでしょう。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈


0 件のコメント:

コメントを投稿