2019年4月2日火曜日

新元号に思ったこと



久方ぶりの更新になりますが、新元号が発表されましたね。

『令和』

私は初めに見た時、
「ほぉ……うん。なんかいいんじゃないかな」
と、聞き慣れない言葉に戸惑いつつも良い印象を受けました。

勿論、人それぞれの好みもありますし、そこに思想的なものも加われば賛否はあるのでしょうが、個人的には綺麗で清い響きだなと感じました。
引用が万葉集からというのも、日本的な趣を含んだ情緒もある気がしますしね。

何よりも今回の元号変更の流れの中で私が感じていたことは、
「お祭りムードで楽しそうでいいな」
ということです。

昭和から平成を経験した私にとって元号が変わるというのは、天皇陛下の崩御が前提としてあったわけで、日本全体が喪に服している空気の中での変更だったわけです。
めでたいことではなく、悲しみを含んだ、粛々と次の時代への変化を感じさせる出来事でした。

今回は生前退位(譲位)という日本では珍しいことからの元号変更という、前回とは大きく違った意味合いがあったと思います。

いい意味でお祭り騒ぎのような、イベント的な盛り上がりを持ってのこの新元号。
新しい時代に向けての期待を感じさせるこの流れが、『令和』という言葉に良いイメージとなるのではないでしょうか。

新しい言葉ではあるわけですから、響きに慣れるには少し時間が必要かもしれませんが、このお祭りのような楽しい気持ちを持ったまま新しい時代へと移行出来てゆくことを願います。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

0 件のコメント:

コメントを投稿