2016年9月24日土曜日

今だからこそカール・ロジャーズを


最近、カール・ロジャーズについて改めて勉強をしています。
言わずと知れた、『来談者中心療法』を創始したアメリカの臨床心理学者です。

これまでも、ロジャーズの治療についての理論は多数の書籍を読んでいたのですが、
最近はロジャーズの人としての部分に興味を持っています。

ロジャーズ自身が生涯の命題としていた、『真の意味で自分になるということ』。
後に彼が提唱する、『自己一致』という理論へと繋がる彼の人生を知ることは、
臨床家の端くれとして必要なことだと再確認します。

20世紀にもっとも影響の大きかった心理療法家では第一位に選ばれ、『カウンセリングの神様』とまで言われたロジャーズとはどのような人間だったのか。
治療論を通して見えてくる人間像とはまた違った、彼の成長過程での苦悩、変化そして至る思想。
それらの軌跡を学ぶことで、更にロジャーズに対しての思いが深まっています。

「これが私だと実感できる私になる」

この言葉に込められた真の意味が、私のカウンセリングを通して相談者の皆さまに届けられるよう、これからも私の探求も続くのでしょう。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
 URL:http://sakaecog.web.fc2.com/
 
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

0 件のコメント:

コメントを投稿