2016年10月13日木曜日

一言カウンセリング⑧ ~ 「誰かのせい、じゃない。自分に起きていることとして捉える」~


「誰かのせい、じゃない。自分に起きていることとして捉える」

カウンセリングをしていると、たくさんの悩み事をお聞きします。
それらの悩み事の多くは、外的な要因で起きることがあります。

外的な要因とは、その方を取り巻く環境、それは職場であったり家庭であったり様々です。
そしてそれは、悩んでいるその方本人に責任がないものも多くあります。

一方的に悪意を向けられたり、癖の強い人に巻き込まれたり、依存的な関係性を求められたりなどは、
「私は悪くないのに困った」
と言ってしまいたくなります。

確かにその通りです。
落ち度なんてないしあなたは全く悪くありません。

しかし、解決するためにはそうも言ってはいられません。
多くの悩みの解決の第一歩は

『自分事として捉えること』

悪くはないけれど、悩んでいるのは本人です。
困っているのも本人。
悪意を向けられて嫌な思いをしているのも、
巻き込まれて迷惑しているのも、
依存的な関係を求められているのも、
全て悩んでいる人本人です。

その時点で無関係ではいられないし、
その状況を変えたいと思っているのもまた本人だけなのです。

ですから、そう願う本人が解決するしかないということです。
他人には解決することはできません。
与えられた解決では本人は満たされません。

『正しい』とか『悪い』を決めることにあまり意味はありません。
まずは、
悩んでいるのは自分、
解決したいのも自分。

それを自覚して悩み事に向き合う必要があります。
その時、解決の糸口が見えてくることもありますし、
周囲の人たちや我々相談援助の役割の人間は、解決に協力することができます。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
 URL:http://sakaecog.web.fc2.com/
 
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

0 件のコメント:

コメントを投稿