2015年5月21日木曜日

なぜ少年はドローンを飛ばし続けたのか

話題のドローン少年、とうとう逮捕されたようですね。
『ドローン』というのは、半自律制御される無人の飛行体(ラジコンのようなもの)で、それにカメラなどを取り付けて撮影もできるというもので、
今回逮捕された少年もその撮影を動画共有サービス・ニコニコ動画で配信していたとか。

今までも善光寺や国会議事堂などでもこのドローンで騒動を起こしており、再三の注意や警告にもかかわらず聞き入れようとしなかったということで今回の威力業務妨害での逮捕に踏み切ったようです。

この事件、色々と考えさせられるものがあります。
まずは少年の年齢が15歳ということ。
年齢的に善悪の判断が緩く、目立ちたいという気持ちを抑えられなかった部分もあると思われます。
そして彼の背景として、経歴や家庭環境などもマスコミが好きそうなものだったりすることから、
これからその辺りを大げさに取り上げる報道も増えてくるのではないかと危惧しています。

私としては、それよりも気になる。というより見過ごしてはいけないと感じたことがあります。
今回の事件で彼を知った方はこう思われるかもしれません。
「親は何をやっていたんだ!」

ごもっともです。しかし、親御さんは自分の子供のしていることに対してかなりきつく叱っていたようです。その様子も動画で配信されていました。
叱っても聞かないので、パソコンを取り上げ、ネットの回線も解約し、お金も与えていなかったそうです。
こうなると未成年で働いていない彼には本来ならもうお手上げです。
しかし、彼はそれでもネットでの動画配信を辞めることはありませんでした。
なぜでしょう。
その答えは、15歳の少年にそれらを与えていた第三者が居たのです。

その第三者とは、彼が配信していた動画の『視聴者達』でした。
常識はずれの突飛なことをする15歳の少年に面白がって
パソコンを与え
ネット回線を用意し
資金も援助していた視聴者が複数存在していたそうです。
こうなると親御さんには打つ手がありません。

金銭的な支援もしていたということはおそらくは『大人』でしょう。
『大人』が『子供』を扇動していたと言えます。

本来そういった未成年の、幼いが故の常識を逸脱した行動を嗜める立場にあるであろう大人が、面白半分、興味本位で支援をしたことで起こってしまった今回の事件。
本来なら大人の拳骨とお説教で止められたかもしれない彼の暴走は、大人の悪ふざけで止まるタイミングを失ってしまったのかもしれません。

大人としての責任は思ったより重いとつくづく感じます。

格好いいオッサンになりたい。たるみでした。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
 URL:http://sakaecog.web.fc2.com/
 
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈


0 件のコメント:

コメントを投稿