2016年11月30日水曜日

よかった探しをしよう


ここ数日はすっかり冬の寒さになってきてますね。
明日から12月に入るともっと寒くなるのでしょう。私は本当に冬というのが苦手でして、寒いとダイレクトに体調が悪くなってしまいます。
なので、この時期は体が冷えないように色々と対策をしているのですが、これからの本格的な冬を思うと少し気が重くなってしまいます。

寒さ対策として、心理に携わる者としてはそちら方面からのアプローチにも興味はあります。
いわゆる、『心頭滅却すれば火もまた涼し』の逆と申しましょうか。
無念無想の境地に至れば、どのような苦難でもしのげるという意味です。

これは決して気休めではなく、実際に人の体というのは心の持ちようで良くも悪くも影響を受けます。
火箸が熱いことを理解している幼児に、熱くない火箸を手に触れさせたところ、火傷をしたと勘違いした幼児は本気で熱がって、軽い火傷の症状すら出たという実験もあるそうです。
(この実験、詳しく知っているわけではないので信憑性は各自でご判断ください)

『思い込みの力』ということですね。
『プラシーボ効果』といった方が馴染みがあるかもしれません。

これは、悩みの解決にも効果的です。
「人生が不幸だ」と思い込んでいる人の人生は本当に不幸になります。
なぜなら、自分が不幸だと思い込んでしまっているから、『不幸』にアンテナが向いてしまっているのです。

結果、『不幸』を証明するような出来事ばかり印象に残ってしまい、
更には自分に起きた出来事を『不幸』というフィルターを通して解釈してしまう。
わかりやすく言うなら、『不幸探し』をしてしまうということですね。

ですので、幸せな人生を望むのでしたら『幸せ探し』をおすすめします。
自分に起きる出来事から、『良かったこと』『嬉しこと』を探していくのです。
するといつか無意識で『幸せ』にアンテナが向き、幸せフィルターが人生にかかります。

現実はどうだっていのです。
『幸せ』とか『不幸』は他人でなく自分が感じることだから。

愛少女ポリアンナ物語でも言っていました。
「どれだけ苦し状況でもよかった探しをするんだよ」と。

そうは言っても、
「自分の人生に幸せなんて見つけられない」
と感じてしまうことがあっても心配ありません。

カウンセリングでは、あなたの『よかった探し』のお手伝いもできます。
むしろ、本人でないからこそ柔軟によかった探しができる役割とも言えます。

自分の人生を幸せなものとするか不幸なものとするか。
自分で決めることができるのです。


 垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
 URL:http://sakaecog.web.fc2.com/
 
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

0 件のコメント:

コメントを投稿