2015年10月10日土曜日

占いは良いものだけ信じる派


名古屋の栄には大きな電光掲示板があります。
そこではいつも、ヒットチャートや宣伝映像などが流れているのですが、
そこで今日はたまたま占いが流れていました。
その中で、何座の運勢なのかはわかりませんがこんな内容がありました。

「恋愛運は、刹那の火遊びよりも真面目な恋愛が吉」

それを見てふと疑問に思いました。
刹那の火遊び的な恋愛が吉となることってあるのか?と。
そもそも『火遊び』という言葉自体の意味が

危険な遊びや、特に無分別で不真面目な恋愛、その場限りの情事のことを指す。
転じて浮気や不倫などの、一般的には許容されているとは言いがたいインモラル(非道徳的)な行為の比喩としても用いられる。

(日本語俗語辞典より)

というとてもネガティブな言葉だと思うのですが。
ということはこれは、おそらく大多数の人にとって
「なるほどそうだよね」
と思わせる占い結果といえるでしょう。

『コールドリーディング』という対話術をご存知でしょうか。
詐欺師や一部のインチキ占い師などが、相手に自分の言うことを信じさせる時に用いる話術で、少し前に話題になったこともありました。
心理学的な理論を利用していたり、セラピーにも応用できるということで、私個人的にも結構興味深く調べた時期もありました。

その中の技法に、
誰にでも当てはまるような質問をして、あたかも心を読んだかのように思わせる。
というのもあります。
上の占いの例はまさにコールドリーディング的だと思いました。

コールドリーディングについては以前にも触れているのでこちらの記事もどうぞ
→「血液型占いってホント? 」

他にもコールドリーディングの技法で、特に占いなどの相手のことを理解していると信じさせる技法は数あります。
いくつかを紹介しましょう。

・わざと曖昧な意味に取れる表現で、相手に足りない部分を補完させる。

・相手の性格などを評する時に、側面だけでなく多面的に伝えることで、当てはまる部分を探させる。
(「あなたの性格は、基本的には明るいけれど、後ろ向きな考え方をしてしまう時もあるね。」など)

・相手の良い所をたくさん褒めつつ、時には落としたりすることで、情報を自分から話させる。
(褒められると謙遜して弱点をばらしてしまったり、逆に貶されると反発して長所をアピールしたり)

など、一部ですが対話術としてはなかなか日常の人間関係にも使えそうなものもあります。
接客業やセールスを仕事としている人も仕事に活かす為に学んだりというのも多いようですしね。

ただ、やはりこれは一方的な限定されたコミュニケーションにのみ活用できるものであり、
相互的なコミュニケーションは表面的な部分だけでは成り立たないもの。
むしろ、これで上手くいったとしても、本人はその作為的なコミュニケーションにどこか覚めたものや空しさを感じるのではないでしょうか。

本当に気持ちの良いコミュニケーションがしたければ、正直ベースで本音で向き合うことが理想だと思います。

学べば学ぶほど人の心なんて読めないし操れないものだと感じます。たるみでした。


※お知らせ
教材用のカウンセリングDVD制作を計画しています。
つきまして、ボランティアでクライエント役をして頂ける方を募集しています。
興味のある方は下記宛先『名古屋 栄カウンセリング』までメールでのご連絡お待ちしています。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
 URL:http://sakaecog.web.fc2.com/
 
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

0 件のコメント:

コメントを投稿