2015年10月25日日曜日

みんなちがって、みんないい


今日はカウンセリングオフィス+α主催で定期的に開催させていただいている、『プロカウンセラーになるための実践ワークショップ』でした。

本日の参加者は全員が相談対応の現場で活動する方たち。
やはり、参加の目的や質問なども現場の経験を感じさせるもので、とても有意義な時間になったと自負しています。
(と、偉そうに言ってしまいましたが有意義な時間と感じていただけていたらいいなぁと思っています。)

改めて感じたのが、今日のようにすでに現場で活躍されている参加者さんと共に、これから臨床の現場に出ようと思っている方たちも同じ場で一緒に学べたらどんなに参考になることか、とつくづく思いました。

「自分はまだ経験がないからついていけないかな」
そんな不安を語ってくれる方もいるのですが、それは大きな取り越し苦労です。

経験がないからこそ、経験者の話を聞いたり、そこから出されるリアルなテーマは何よりの勉強に

なります。確かにイメージしづらく難しいところもあるかもしれません。
しかし、そんな方を置き去りに進めていくようなことはしませんし、その場に居る全員で取り組んでいけるのが、ワークショップの醍醐味です。

カウンセリングについての質問一つをとっても、
「この間、こんなケースがあったのだけれど、対応について検討したい」
「このような展開になってしまうことがよくあるのだが、何が問題なのだろう」
など、想像でない実際の体験から出される質問やテーマ提議は、
実践的な学びに直結していきます。

すでに活動されている方も、これから活動を考えている方も、
勉強の機会は貴重です。ご参加をお待ちしております。

ワークショップの詳細や開催日程についてご興味のある方は、
カウンセリングオフィス+αへメールにてお問い合わせください。

教材DVDのボランティアも引き続き募集しています。たるみでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿